言語の構造

4.言語の構造|3.言語学3:理論言語学

ヒューマン

日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

空欄にマウスを置くかタップすると答えが表示されます。印刷時は答えを表示しています。

構造主義言語学

プロトタイプ

128

語に持つ意味の原型的・典型的なものをプロトタイプという。

認知言語学と比喩

メタファー

メタファー:類似性の連想に基づき「よくわからないもの」を「よくわかるもの」で表す。

「ねずみ」は分かる→似ているから「マウス」。他に、クラウド・パンの耳など。

メタファーを使った比喩表現

・天気が晴れる→気分が晴れる(明るさ)
・天気が曇る→表情が曇る(暗さ)
・水が凍る→パソコンが凍る(動かない)
・契約書を破る→約束を破る。

「心」に関するメタファー表現

・「心がはずむ」→喜びや期待で、うきうきする。
・「心が踊る」→喜びや期待で、わくわくする。
・「心が折れる」→支えを失い、意欲がなくなる。
・「心が沈む」→暗い気持ちになって落ち込む。
・「心が乱れる」→思い悩み、平静でなくなる。

メトニミー

130

メトニミー(換喩・かんゆ:metonymy):目立つものを使って、隣接関係にあるものを表す。

「何が食べたい?」「鍋が食べたい」→鍋そのものを食べるわけではない(鍋の中身を食べる)。

いろいろなメトニミー

容器(中身):鍋(の具材)を食べる・やかん(の中の水)が沸いた。ジョッキを飲み干す。
全体(部分):洗濯機(の中の洗濯槽)が回っている・扇風機(の羽根)が止まった。
作者(作品):ショパン(の作った曲)を聴く・漱石(の書いた小説)を読む。
場所(人):首相官邸(にいる政治家)が声明を出した。

シネクドキー

130

シネクドキー(提喩・ていゆ:synecdoche):包摂関係に基づき、上位で下位、下位で上位の概念を表す。

「いよいよ春だね」「お花見でも行こうか?」→桜を見に行く。
上位概念「花見」「花吹雪」、下位概念「桜」。
上位概念「飲み物」、下位概念「コーヒー」。
上位概念「親子」、下位概念「鶏肉と卵」→親子丼。実際の親子ではないからメタファーでもある。

特定の語が一般化した意味で使用される例

「瀬戸物」:愛知県瀬戸市が陶磁器の産地であることから。

読解方略

文章を正確の読むための読解方略を3つに分けた。

  • 理解補償方略:分からなかったところに戻って読み直す。
  • 内容理解方略:段落ごとに中心文と支持文を抜き出す。
  • 理解深化方略:文章中の出来事を図や表で理解する。

文章に出てきた専門用語の誤訳を調べるのは、文章理解ではなく単語理解。

忌み言葉

いみことば。特定の場面で用いるのに相応しくなく、縁起が悪いために使用を避けられる言葉。
結婚式で「最後になりますが」だと縁起が悪いので「結びになりますが」と言う。
結婚式で「切れる・別れる・終わる」はNG。

キーワード法

学習者の語彙知識を増やす効果的な方法。
覚えたい語彙に音声的に類似した言葉のイメージを関連付けて覚える。

「道具」を覚える時「dog」をイメージする。→「道具を使う犬(A dog using a tool)」で音声と意味を結びつける。

ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社