4.言語の構造

【日本語教師養成講座】4.言語の構造|6.対照言語学:③言語の対照(ヴォイス/アスペクト/テンス/対人的モダリティと対事的モダリティ/認識的モダリティと拘束的モダリティ/状態動詞・継続動詞・瞬間動詞/完了のタ・ムードのタ)

4.言語の構造|6.対照言語学:③言語の対照(統語的観点・意味的観点)

言語の構造「ヴォイス」「アスペクト」「テンス」「対人的モダリティと対事的モダリティ」「認識的モダリティと拘束的モダリティ」「状態動詞・継続動詞・瞬間動詞」「完了のタ・ムードのタ」などについてのまとめです。

ヴォイス(態)

62

ヴォイス:「れる・られる」。受身・使役・使役受身・可能・自発・授受表現がある。

  • 受身:「によって提唱された・学生の意欲が高められる」。
  • 使役:「書かせる」。
  • 可能:「まだ食べられる」。
  • 自発:「昔の友人がしのばれる・望まれる・案じられる・思いやられる」。
  • 尊敬:「社長が来られる」。

受身

62

受身文には以下の3つがある。

  • 直接受身文:主語と目的語が入れ替わる。「子どもがお菓子を食べる」→「お菓子が子どもに食べられる」。
    「先生に掃除を頼まれる」→「先生が(私に)掃除を頼む」。
    「夫が知人に批判される」→「知人が夫を批判する」。
    「若者から席を譲られる」→「若者が席を譲る」。
  • 間接受身文:マイナスの意味になる(迷惑受身)。主語が「私は」になる。主語と目的語が入れ替われない。言い換えると自動詞になる。
    「(私は)雨に降られた」→「雨が降った」。
    「(私は)花子に先に就職された」→「花子が先に就職した」
  • 持ち主の受身文:主語が「私は」になる。「(私は)スリに財布を盗まれた」。

直接受身文

直接受身文は助詞に「に」「から」「によって」がつく。

・(〜によって)生み出された
・(〜によって)建てられた
・(〜によって)作られた
・(〜によって)描かれた
・(〜に)見られた:「私が子どもに見られた」←「子どもが私を見る」

使役

64

使役文には、強制・容認・原因・責任・謙譲の5つがある。

使役形の作り方

  • 1グループの動詞:[a]の音に変えて「せる」を付ける。「書く→書かせる」。
  • 2グループの動詞:「る」を取って「させる」を付ける。「見る→見させる」「食べる→食べさせる」。

謙譲

「電話させていただきます」「分析させていただきます」。

可能

67

「食べられる→食べれる」のようにら抜き言葉が使われるようになる。この可能の分化は、現在進行中の歴史的変化と言える。

歴史的変化と言えば

ハ行の唇音退化(両唇音が使われなくなったこと)が有名。
奈良時代前までは[p](パピプペポ)で、奈良時代に[ɸ](ファフィフフェフォ)に変わった。江戸時代に「ハヒフヘホ」になった。
口唇音→口唇摩擦音→声門摩擦音(ハヘホ)・軟口蓋摩擦音(ヒ)・両唇摩擦音(フ)と変化。

イ列「ゐ・ヰ」・エ列「ゑ・ヱ」における二種の仮名の使い分けは、歴史的仮名遣いであって歴史的変化ではない。

自発形

68

自発動詞:「見える・聞こえる」。
受身形:「思われる・考えられる」。「思う・考える」は認識動詞。
可能形:「泣けた・笑えた」。

アカデミック・ジャパニーズでの用法

自発形「思われる」→自分
受身形「思われている」→他者
認識の主体が違う。

授受動詞

69

昔はなかった授受表現。視点によって動詞の使い方が変わる。
発話の場にいなければ意味が分からないダイクシス
ダイクシス

恩恵表現

「あげる・やる」:謙譲語「さしあげる」
「くれる」:尊敬語「くださる」
「もらう」:謙譲語「いただく」

アスペクト

72

アスペクト:問の変化の局面(aspect)を表す。何らかの出来事(動作)における時間的な変化。開始・進行・完了。
形容詞「おいしい」は変化の局面がおこりにくい。名詞は変化の局面がない。

  • 開始:日本語「動詞+かける・はじめる・だす」/英語「begin to+動詞」。
    「描きはじめる」
  • 進行:日本語「動詞+ている・つつある」/英語「be+動詞ing」。
    「描いている」
    完了の「テイル」もある:「授業は終わっている」「こなごなに割れている」
  • 完了:日本語「動詞+おえる・きる・た」/英語「have+過去分詞」。
    「描き終わる」

開始「〜てくる」

だんだん涼しくなってくる。動きの進展。
「運んでくる・やってくる・持ってくる・送ってくる」とは意味が違う。

進行「〜ている」

試着のとき服が破れていたのに、学習者が「服が破れました」と誤用。「破れました」だと、最初は破れてなくて破れたその場を確認したことになる。
「破れていました」が正しい。

述語の分類:動作動詞・変化動詞・状態動詞

74

動き動詞(非状態動詞)

動作動詞:「走る・電話する」ル形は未来を表す。
変化動詞:「変わる・破れる」。

状態性述語

状態動詞:「ある・いる」。

動詞の分類:状態動詞・継続動詞・瞬間動詞・第4の動詞

77

金田一の動詞分類。「〜ている」をつけた時に意味が異なる。

  • 状態動詞:「ル形」で現在の状態。「ある・いる・できる」。
  • 継続動詞:「テイル形」で動きの進行。「読む・書く・笑う・散る・降る」
  • 瞬間動詞:「テイル形」で動作の結果。「消える・届く・曲がる・始まる」
  • 第4の動詞:「ル形」が不自然。「テイル形」で形容詞のように状態を表す。「優れる」「ずば抜ける」。

動詞の分類:補助動詞

78

補助動詞:「座ってみる・飾ってある・忘れてしまう・見えてくる・置いておく・持っていく・連れていく」。
本動詞「見る・在る・来る・行く」の意味は薄い。
テ形+補助動詞」の形。補助動詞は平仮名で書く。

テンス

78

テンス:時制(tense)を表す。未来・現在・過去。絶対テンスと相対テンスがある。

  • 過去:英語「went」/日本語「行った・あった」タ形
  • 現在:英語「go」/日本語「ある」ル形(辞書形)。
  • 未来:英語「will go」/日本語「行く」ル形(辞書形)。
  • 絶対テンス:発話時を基準とする。過去「行った(タ形)」・現在「いる(ル形)」・未来「行く(ル形)」。
    「競馬で負けて、やけ酒を飲んだ」
  • 相対テンス:複文で従属節は相対テンスとなる。発話時と無関係に従属節のタ形かル形かが決まる。
    「(従属節:相対テンス)東京に出てくときに、(主節:絶対テンス)友達が集まってくれ」。

「明日会った時」:未来の過去形。

完了のタ

82

完了のタ形は、テンスじゃなくてアスペクトになる。
過去か完了かは、疑問文にして否定で答えたら分かる
・「楽しかった?」→「ううん、楽しくなかった」:過去→テンス
・「会えた?」→「ううん、会えなかった」:過去→テンス
・「読みましたか?」→「いいえ、まだ読んでいません」:未完了→アスペクト

楽しかっ→テンス(過去)のタ
書い→アスペクト(完了)のタ

ムードのタ

83

ムードのタ」:特殊なタ形。「モダリティのタ」ともいう。
ムード=モダリティ

  • 反実仮想:実際に実現してない「買えのに・・・」。
  • 発見:「こんなところにあっよ」。
  • 想起:思い出して言う「会議だっな・・・」。

「可愛かっな・・・」はただの過去形。

モダリティ

84

文は基本的な部分である命題と話し手の気持ちを表すモダリティからなる。

例:
「日本が勝つと思う」→「日本が勝つ(客観・命題)」+「と思う(主観・モダリティ・ムード)」。

対人的モダリティと対事的モダリティ

  • 対人的モダリティ:聞き手に対してが命題をどう働きかけるか。人に対して言う。
    命題「コーヒーを飲む」+モダリティ「みませんか・んでください・みなさい・んでもいい・んではいけない・か(質問)・だろう・よね」
    例:「食べても(命題)/いいの(対人的モダリティ)」
  • 対事的モダリティ:話し手が命題をどう捉えるか。
    命題「日本が勝つ」+モダリティ「と思う・かもしれない・はずだ・ようだ・のだ・べきだ」。
    例:「雨が降る(命題)/そうです(対事的モダリティ)」

例:「腐っているっぽいよ」
→「腐っている(命題)/っぽい(対事的モダリティ)/よ(対人的モダリティ)」

対人的モダリティ

「父は私にもっと真面目にやれと叱ってきた」は対人的モダリティ。「もっと真面目にやれ」は父の発話。「やれ(やる)」は働きかけのモダリティ。

認識的モダリティと拘束的モダリティ

対事的モダリティ

認識的モダリティと拘束的モダリティに分けられる。

  • 認識的モダリティ:真偽を判断するモダリティ。
    認識的「まい・ちがいない・はずだ・だろう・らしい・そうだ」。
    たぶん日本が勝つだろう
    「日本が勝つにちがいない
    「日本が勝つはずだ
    「日本が勝つかもしれない
    「まさか〜よね」だと対事的モダリティになる。
  • 拘束的モダリティ:義務や許可を表す。
    断定的・拘束「べきだ・ほうがいい・なさい・なくてはいけない」。
    拘束からの免除(許可)「のだ・てもいい」。
    ル形「やるほうがいい」、タ形「やったほうがいい」どっちでもいい→テンスの対立がない

モダリティがよくわからなかったので、こちらの動画をみてみました。48分あたりからがモダリティの説明です。

日本語教師養成講座420時間のはま

んだ文・のだ文

使い方

・説明を求める・理由を説明する。
・言いたいことを強調する。

「んだ・んです」:話し言葉。
「のだ・のです」:書き言葉。

文法

  • 動詞:普通形+「んです・のです」。「行くんです」
  • イ形容詞:普通形+「んです・のです」。「おいしいんです」
  • ナ形容詞:「なんです・なのです」。「好きなんです」
  • 名詞:「なんです・なのです」。「休みなんです」

語が文法的に出てくる順番

ヴォイス→アスペクト→テンス→モダリティ

例「読ませていただろう」

「せ=ヴォイス」「てい=アスペクト」「た=テンス」「だろう=モダリティ」。

ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社