日本語教育能力検定試験

【日本語教育能力検定試験】3ヶ月前/解説を見てまとめながら過去問を解く

【日本語教育能力検定試験】3ヶ月前/解説を見てまとめながら過去問を解く

ヒューマン

日本語教育能力検定試験(令和3年度:試験日2021年10月24日)に向けて勉強中です。

モンキー
モンキー
ひたすら過去問やってます!

勉強を始めて1ヶ月、試験3ヶ月前(2021.7.24)となりました。

7月中に過去問3年分を終わらせるスケジュールを立てていましたが、解説を見ながらこのサイトにまとめながら進めているため、大問1になんと1時間というスローペースでやってます(涙)

日本語教師養成講座を受けているので、単元テストで一度は専門用語を覚えたはずなのに全く記憶にない・・・
1からと言ってよいぐらいの試験勉強です。

試験3ヶ月前の時点で終わった過去問は、

  • 2020年:令和2年度 日本語教育能力検定試験 試験問題の試験Ⅰ・試験Ⅲ
  • 2019年:令和元年度 日本語教育能力検定試験 試験問題の試験Ⅰ

60時間近くかかりました。かかり過ぎなんだと思います。
ただ1ヶ月続けてみて勉強スタイルが決まってきました。

新田 豊さんの「日本語教育の検定問題を解く 日本語教育能力検定試験 解答と解説」シリーズがとてもわかりやすいんです。

問題に関連したおまけの知識も書かれているので、出てきた箇所は赤本を見直しながらまとめています。
(赤本=日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド)

私はさらに毎日のんびり日本語教師さんの解説も一緒に見ています。
こちらのサイト、きれいにまとめて解説されていて無料で見るのが申し訳ないぐらいです。(でも毎日見てます)

解説の見過ぎで時間かかってるという感じもありますね(笑)

過去問3年分が7月中には終わらないことがわかったので、8月中旬を目標に残りの過去問をやっていきます。

モンキー
モンキー
がんばろぉ!

最初のスケジュールでは、新たな問題集をもう1冊解くというのが8月の予定だったのですが、もう新しいものには手を出さない方がいいかな、と思っています。

また、試験2ヶ月前に進捗報告します。