語用論的規範

7.語用論的規範/1.コミュニケーション能力

日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

語用論的規範「言語知識」「コミュニケーション能力」「コミュニケーション・ストラテジー」などについてのまとめです。

言語知識

以下の5つがある。問題がある学習者の発話の例。

  1. 音韻論:発音「きょのしゅうぐだいをわすれましだ」
  2. 形態論:活用「音楽を聴きますながら、宿題をしっています」
  3. 統語論:語順「簡単な作り方から教えてもらいました」
  4. 意味論:語の選択「日本の食文化に趣味があります」
  5. 語用論:配慮「私が作った料理は美味しいから、食べてみたいですか?」

意味論と語用論の違い

「消しゴム持ってる?」の質問に対し
意味論:「持ってる」ただそれだけ
語用論:「ごめん、1つしかないんだ」

コミュニケーション能力

319

ハイムズ伝達能力を提唱し、コミュニケーションは言語能力だけでなく適切な言語使用が必要と主張。
これを基盤として国際交流基金はJF日本語教育スタンダードを作成。
カナル:伝達能力は以下の4つから成るとした。

  1. 文法能力:文法語彙音声表記などの言語を形作る要素。
  2. 社会言語学的能力:相手や場面に応じ適切な表現ができる能力。
  3. ストラテジー能力:言葉が思いつかない時に修復できる能力。
  4. 談話能力:会話の切り出し「あのー」などのフィラーや順番(ターン)の取り方など。

JF日本語教育スタンダードでは、ストラテジー能力と談話能力を1つにして語用能力としている。
JF日本語教育スタンダード

コミュニケーション・ストラテジー

321

コミュニケーション・ストラテジー:コミュニケーションを成功させるために別の語で言い換えたり易しい文型を使ったりする工夫
タローン:「話し手と聞き手の間で意味が共有されないときに、その両者が意味にたどり着こうとするお互いの努力」と定義し次のように分類。

  • 回避:複雑な文法構造を使わずに別の構造を使う。「誰かに足を踏まれた」→「誰かが足を踏んだ」
  • 言い換え:似た別の語を使う。新しい表現を作る造語などがある。「食パン」→「四角いパン」
  • 母語使用:部分的に母語を使うコード・スイッチングや英語などの共通言語を使う意識的な転移がある。
  • ジェスチャー:手ぶり・身ぶりに頼る。
ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社