語用論的規範

7.語用論的規範|2.語用論(意味論と語用論の違い/発話行為理論/間接発話行為/協調の原理)

7.語用論的規範|2.語用論(意味論と語用論の違い/発話行為理論/間接発話行為/協調の原理)

ヒューマン

日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

空欄にマウスを置くかタップすると答えが表示されます。印刷時は答えを表示しています。

語用論的規範「意味論と語用論の違い」「発話行為理論」「間接発話行為」「協調の原理」などについてのまとめです。

意味論と語用論の違い

133
  • 意味論:文字通りの意味
  • 語用論:特定の場面・状況で発話を扱う

「暑いですね」

  • 言内の意味:気温が高いことを伝える
  • 言外の意味:エアコンの温度を下げて欲しいこと伝える

グライス:言外の意味を含意と呼んだ

発話行為理論

134

オースティン:発話によって遂行される行為(発話行為)を3タイプに分類。

  1. 発語行為:「暑いですね」と音声を発すること
  2. 発語内行為:聞き手にエアコンの温度を下げて欲しいという「依頼」が伝わること
  3. 発語媒介行為:聞き手がエアコンの温度を下げること

発話の意味

・発話を構成するそれぞれの語の辞書的な意味
・発話された場面や発話参加者が持つ背景的知識
によって決まる。

遂行動詞

135

オースティンは発話した時点でその行為を行ったことになる動詞を遂行動詞と呼んだ。
サールは遂行動詞を以下の5つに分類した。

  • 断言型:「断言する・答える」。
  • 行為拘束型:「約束する・保証する」。
  • 行為指導型:「命令する」。
  • 宣告命名型:「通知する・命名する」。
  • 心理表出型:「感謝する・謝罪する」。

間接発話行為

135

サール:オースティンの弟子で発語内行為を分析した。相手に直接的ではなく間接的な別の発話をすることを間接発話行為と呼んだ。

  • 「消しゴム持ってる?」→「これ使って」
    言語形式的には「疑問」だが「依頼」の意味。
  • 「何時だと思ってるの?」「もう11時よ」→「お休みなさい」
    「命令」を表わすのに疑問文・平叙文が使われている。

適切性条件:この発話行為を適切に行うための条件。以下の4つを提唱。
例:AがBに消しゴムを借りる場合

  1. 準備条件:Bは消しゴムを持っている
  2. 誠実性条件:AはBから消しゴムを借りたいと思っている
  3. 命題内容条件:AがBに消しゴムを貸して欲しいことを伝える
  4. 本質条件:Aが消しゴムを借りたいために発話したことをBが認める

「喉が渇いたなぁ」→水を持ってきて欲しい。

グライスの協調の原理

136

協調の原理グライスが提唱。会話の目的や方向を無視してそれと矛盾するような発言はしない、聞き手は話し手を理解しようとしデタラメな推論で解釈してる訳ではないという原理。
例:「懇親会、何曜だっけ?」の質問に対し、
木曜日であることに加え「18時からね」「駅前の焼肉屋ね」「ひとり3000円ね」と答える。
協調の原理には、以下の4つの公理がある。

  1. 量の公理:必要な量以上・以下を与えない。
    「次のバスいつかな?」→「9月22日月曜日午前11時22分00秒だよ」。
  2. 質の公理:確信してないことは言わない。
    「雨あがりますかね?」→「あがりますよ」。
  3. 関係の公理:関係あることだけ話す。
    「連休はどこか出かけたの?」→「子供が風邪引いて・・・」これは違反してない。
  4. 様式の公理:曖昧に言わず簡潔に順序立てて言う。様態の公理。
    「明日の会議の資料はできたか」→「一応揃っていますが・・・分析結果がまだ届いておらず・・・」。
ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社