語用論的規範

7.語用論的規範/3.談話分析・会話分析

日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

語用論的規範「談話分析」「隣接ペア」「優先応答」「談話標識」「ターン」「修復」「結束性」「照応」「推論」などについてのまとめです。

談話分析

142

談話(ディスコース):文よりも大きい言語単位。複数の文が連結する構造。大きく以下の3つからなる。

  • 開始部:「あのー、ちょっといい?」「うん、なに?」
  • 本題:「課題の締め切りについて聞きたいんだけど」「今日の授業のね」「締め切りは木曜だっけ?」「木曜の15時までだって」
  • 終結部:「ありがとう」「いえいえ」「じゃあね」「じゃあね」

開始部

切り出し:「あのー」「すみません」「いま、大丈夫?」

終結部

前終結:終結の前段階「ありがとう」
終結:会話の終わり「じゃあね」

隣接ペア

隣接ペア:ペアになってる2つの発話
ムーブ:複数の発話を組み合わせた意味上のペア
挿入連結:隣接ペアの中に別の隣接ペアが入ること

優先応答と非優先応答

143

例「久しぶり、飲みに行かない?」の返答

  • 優先応答:「いいねえ」
  • 非優先応答:「うーん(フィラー)、最近あまり胃の調子が良くなくて(言いさし)」

談話分析その他

  • 垣根表現(緩衝的表現):断定的な表現を避けるために使う
    「明日のテスト、この漢字出る?」→「うーん、多分出るんじゃないかな」
  • 注釈表現:解説者風の抽象的な説明を先につける
    「長くなるかも知れないけど」「こんなこと言いたくないんだけど」
  • スモールトーク:挨拶的な役割、コミュニケーションを円滑に進めるためのやり取り
    「雨だね、よく降るね」「そうですね、もう4日目ですね」

談話標識

144

談話標識(ディスコースマーカー):会話の流れをコントロール

  • 呼びかけ・切り出し:「あのー」「すみません」「では」
  • 話題転換:「でも」「あのさぁ」「ていうか」「ところで」
  • 相づち:「へえ」「ふーん」
  • フィラー:「うーん」「えーと」「まあ」「あのー」「そうですねえ」

ターン

ターン:発話の順番のこと

  • ターン・テーキング:発話の順番を取ること
  • ターン・イールディング:発話の順番を譲ること

修復

修復:発話の誤りを訂正すること。以下の4つに分けられる。

  • 他者指摘/自己修復:「新宿に友達と会いました」→「新宿に?」→「新宿で友達と会いました」
  • 自己指摘/他者修復:「新宿へ、に、を・・・」→「新宿で」→「ああ、新宿で友達と会いました」
  • 自己指摘/自己修復:「新宿に、あっ、新宿で会いました」
  • 他者指摘/他者修復:「新宿に友達と会いました」→「新宿にではなく新宿で」

結束性

145

結束性:文と文の間の文法的・語彙的な結びつき

  • 指示:「大きなダンボール箱があります。それを・・・」
  • 代用:「早く帰った方がいいよ」「はい、そうします」
  • 省略:「この問題難しいね」「いやあ、まったく」
  • 接続詞:「質問しに行ったんです、いらっしゃいませんでした」
  • 類義語:「がお世話になりました」「礼儀正しいお嬢さんですね」
  • 上位語と下位語:「何かお菓子を買って行こうか」「クッキーはどう?」

照応

145

照応:特定の語が他の文のどこと対応してるか。以下の3つがある。
例「久しぶりに浅草屋に行きました」

  • 名詞照応:「いいねえ、浅草屋は安くておいしいよね」
  • 指示詞照応:「いいねえ、あそこは安くておいしいよね」
  • ゼロ照応:「いいねえ、おいしいよね」

さらに順番でみると、

  • 前方照応:「パソコンを買って、それがすぐに壊れた」
  • 後方照応:「こんなことがあったんだ、実は・・・」

推論

146

推論:談話を理解する時、与えられた情報で予測すること。以下の2つがある。

  • 橋渡し推論:情報を関連づけて、その内容を理解するためにギャップを埋める推測
    「あと5分で会議だけど営業部のメンバーは?」→「営業部のメンバーは会議に出る」ことが分かる
    合格発表を見に行った娘が嬉しそうに戻って来た→合格したことが分かる
  • 精緻化推論:会話に出て来ないことを自分の既有知識で推測すること
    「今朝一番の寒波の影響で・・・」→「通勤に時間がかかりそうだ」
ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社