語用論的規範

7.語用論的規範/5.社会言語学:①言語変種

日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

語用論的規範「言語変種」「言語の多様性」などについてのまとめです。

言語変種

340

言語変種:言語の多様性のこと。「持ってあげましょうか?」「お持ちしましょうか?」「持って差し上げましょうか?」などいろいろある。目上かどうか、親しいいかどうか、身内かどうかなどによる。以下の2つに分けられる。

  • 地域方言:地域の違いによる言語形式
  • 社会方言:社会的な属性(ジェンダー・年齢)による言語形式
    国語学では位相語と呼ばれる

地域方言

分布パターンは以下の3つに分けられる。

  • 東西分布型:東日本と西日本で対立する言語分布「西=知らん」「東=知らない」
  • 複雑分布型:ある言語形式が全国のいろいろな地域である「めだか・おたまじゃくし」
  • 周圏分布型:言語形式が中心から外側に円状に変わる「新=デデムシ→旧=ナメクジ」

共通語と標準語

  • 共通語:1つの国で共通に用いられる言語変種。日本語では東京方言が基盤となる。
  • 標準語:国で規範とされる言語変種。

社会方言

以下4つがある。

  • ジェンダー:男女の社会的役割による言語表現の違い「男性=めし」「女性=ご飯」
  • 若者ことば:一時的に流行るがすぐ消滅する「マジ」「超」
  • 幼児語:幼児に対して大人が使う言葉「ワンワン」「モグモグ」
  • 役割語:特定の人物を思いおこさせる表現「雨かしら→女性」「雨かのう→老人」

言語の多様性

346

コードスイッチング:相手によって言語を変える
スタイルシフト:相手によって話し方(丁寧さ)を変える

その他の言語変種

  • ティチャートーク:教師が学習者に対して使用する言語変種
  • フォリナートーク:母語話者が非母語話者に対して使用する言語変種(語彙がやさしくなる)
  • ネイティブトーク:母語話者同士が使用する言語変種
  • ベビートーク:母親が幼児に使用する言語変種(学習者を子ども扱いする)「よくできましたね」
ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社