語用論的規範

7.語用論的規範|5.社会言語学:①言語変種(言語変種/言語の多様性)

7.語用論的規範|5.社会言語学:①言語変種(言語変種/言語の多様性)

ヒューマン

日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

空欄にマウスを置くかタップすると答えが表示されます。印刷時は答えを表示しています。

語用論的規範「言語変種」「言語の多様性」などについてのまとめです。

言語変種

340

言語変種:言語の多様性のこと。「持ってあげましょうか?」「お持ちしましょうか?」「持って差し上げましょうか?」などいろいろある。目上かどうか、親しいいかどうか、身内かどうかなどによる。以下の2つに分けられる。

  • 地域方言:地域の違いによる言語形式。
  • 社会方言:社会的な属性(ジェンダー・年齢)による言語形式。
    国語学では位相語と呼ばれる。

地域方言

分布パターンは以下の3つに分けられる。

  • 東西分布型:東日本と西日本で対立する言語分布「西=知らん」「東=知らない」
  • 複雑分布型:ある言語形式が全国のいろいろな地域である「めだか・おたまじゃくし」
  • 周圏分布型:言語形式が中心から外側に円状に変わる「新=デデムシ→旧=ナメクジ」

共通語と標準語

  • 共通語:1つの国で共通に用いられる言語変種。日本語では東京方言が基盤となる。
  • 標準語:国で規範とされる言語変種。上田万年(かずとし)が作った、
    国語の確立のため20世紀初め(明治時代後期)に普及。国語の教科書・ラジオ放送により広まった。
    標準語に対する言葉が「共通語」ではない。

ネオ方言

共通語と地域方言が接触し、2つの形式が混ざり合って生まれた言葉。「けえへん→来ない→こーへん」

社会方言

以下4つがある。

  • ジェンダー:男女の社会的役割による言語表現の違い「男性=めし」「女性=ご飯」。
  • 若者言葉:一時的に流行るがすぐ消滅する「マジ」「超」。年配の人に多いのは「T(ティー)」を「テー」という。
  • 幼児語:幼児に対して大人が使う言葉「ワンワン」「モグモグ」。
  • 役割語:特定の人物を思いおこさせる表現「雨かしら→女性」「雨かのう→老人」。
    アニメでよく使われるが、現実では使われていない。「老人:わしじゃよ」「中国人:違うあるよ」。
    現在の位相(年齢・性別・職業による言葉の違い)や位相差を忠実に反映させている訳ではない。
  • 集団語:職業による言葉。演劇界で「言い間違う」ことを「舌を噛む」という。

俗語(ぞくご):日常的に使う言葉。「おでこ」は俗語、「ひたい」は一般語。

言語の多様性

346

コード・スイッチング:場面や相手によって使用する言語、言語変換を切り替えること。日本人と思って話しかけた相手が外国人だったことがわかり、英語で話す。
「コード=言語」
スタイルシフト:丁寧さを切り替えること。言語そのものを切り替えるコードスイッチングとは区別される。

コード・スイッチング

  • 会話的コードスイッチング:会話の流れを維持しながら切り替える。友達の言葉を英語に切り替える。
  • 状況的コードスイッチング:状況の応じて切り替える。日本語が分からない相手に英語で会話する。
  • 隠喩的コードスイッチング:親密さや連帯感を強めるために切り替える。親に分からないように英語の若者言葉に切り替える。

スタイルシフト

スピーチレベルシフト・スピーチスタイルシフトともいう。
・普通体→丁寧体:よそよそしさや怒り。
・丁寧体→普通体:なれなれしさや親しみ。

その他の言語変種

  • ティチャートーク:教師が学習者に対して使用する言語変種
  • フォリナートーク:母語話者が非母語話者に対して使用する言語変種(語彙がやさしくなる)
  • ネイティブトーク:母語話者同士が使用する言語変種
  • ベビートーク:母親が幼児に使用する言語変種(学習者を子ども扱いする)「よくできましたね」

言文一致体

書き言葉を話し言葉に近づける。
二葉亭四迷(だ調)・山田美妙(ですます調)・尾崎紅葉(である調)が小説に口語文を取り入れた。

ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社