語用論的規範

7.語用論的規範|7.日本語教育のための日本語分析

ヒューマン

日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

空欄にマウスを置くかタップすると答えが表示されます。印刷時は答えを表示しています。

待遇表現

347

自分と相手との上下意識や親疎意識などの社会的・心理的距離に基づき変化する表現。

  • 絶対表現:状況や場面に関わりなく上下関係を重視した言語形式が固定的な敬語。
  • 相対敬語:上下関係よりもウチとソトの関係が重視されるため、同じ出来事であっても尊敬語になったり謙譲語になったりする敬語。

待遇表現には、相手を高く・自分を低くする「敬語」以外にも、相手を低く見る「おまえ」などのマイナス表現も含む。

ウチとソト

最近では上下関係の意識がうすれ、ウチとソトの関係が重視されている。

敬語の指針

88

2007年文化審議会国語分科会で出された。3種類から5種類になった。

2007年文化審議会国語分科会「敬語の指針」
  • 尊敬語:「いらしゃる・おっしゃる」型。素材敬語。
    尊敬語は主語がえらい人「〜様」→相手側の行為や物事になどについて、相手側の人物を立てる。
    「こちらにお名前をお書きください」の「お名前」は相手の名前なので尊敬語。
  • 謙譲語Ⅰ:「伺う・申し上げる」型。素材敬語。
    自分側の行為や物事などを下げて言うことで、相手側の人物を立てる。
  • 謙譲語Ⅱ(丁重語):「参る・申す」型。対者敬語。
    自分側の行為・ものごとなどを、話や文章の相手に対して丁重に述べるもの。
    改まりを示すもので、 相手側の人物を立てるものではない。
  • 丁寧語:「です・ます」型。対者敬語。
    相手に対して丁寧に言う。敬意を表わす相手の有無に関係なく使う。
  • 美化語:「お酒・お料理」型。
    物事を美化して言う、敬意を表わす相手の有無に関係なく使う。

素材敬語:話の材料になる人やモノに対する敬語。話題の人物(素材)に対する敬語。
対者敬語:聞き手や読み手に対する敬語。その場にいる話題の人物に対してのものではない。自分側の行為に対するもの。

人称詞

会話の中で出てくる人称詞(にんしょうし)は、以下の3つに分類される。

  • 自称詞(一人称):学習者に対して自分のことを「先生」という。
    述語が「〜たい」で終わる場合は、自分のこと(一人称)なので主語を省略していい。
  • 対称詞(二人称):学習者が教師に「先生」という。
    「あなた(貴方)」は指示詞「こそあど」から転用してできた。→「こなた・そなた・あなた・どなた」。
    「お前」「貴様」は以前は「御前」で尊敬詞だったが敬意が低減した。
  • 他称詞(三人称):学習者同士の会話で先生のことを「先生」という。

親族間の対称詞(二人称)

親が子どもに対して名前で言うほか、人称代名詞「あなた」とも言うことができる。
人称代名詞:わたし・あなた・彼。

ポライトネス理論

ブラウンとレビンソンが提唱。ポライトネスフェイスからなる。

  • ポライトネス:単なる丁寧さではなく、会話の参与者が心地よくなるよう、不要な緊張がないように配慮するなど人間関係を円滑にしていくための言語行動。
  • フェイス:人と人との関わり合いに関する基本的な欲求。以下の2つがある。
    ポジティブ・フェイス:他者と近づきたい、繋がりたい、褒められたいなどという欲求。
    ネガティブ・フェイス:他者と離れていたい、立ち入られてくないなどという欲求。

ポライトネス・ストラテジー

他者が2つのフェイスを侵害しないように配慮したストラテジー。
・ポジティブ・ポライトネス:ポジティブ・フェイスに訴えかけるストラテジー。「ほめる・認める・挨拶する・同意する・共感する・注目する」など。
・ネガティブ・ポライトネス:ネガティブ・フェイスに配置するストラテジー。「あのー、ちょっといいですか」などの前置きや、食事の誘いで「お腹が空いたな」と言う。

ボールド・オン・レコード・ストラテジー(直言)

相手のフェイスに配慮せず直接言う。「危ない!・家事だ!」など。

ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社