日本語教育実践

11.日本語教育実践1(留学生) ①留学生について

11.日本語教育実践1(留学生)/①留学生について

ヒューマン

日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

空欄にマウスを置くかタップすると答えが表示されます。印刷時は答えを表示しています。

日本語教育実践(留学生)「留学生とは」「留学生を増やすための政策」「日本語学校」「留学生が受けるテスト」「初級・中級・上級の違い」などについてのまとめです。

留学生とは

日本に来ている留学生の母国

  • 1位中国:4割を占める
  • 2位ベトナム:2割強、日系の会社が多いため
  • 3位ネパール:2割弱

留学生を増やすための政策

留学生10万人計画

期間:1983年〜2000年→2003年に達成。
フランスを真似した。中国からが9割。

留学生30万人計画

期間:2008年〜2020年→2019年に達成。
国内の学生の1割を留学生にしたかった。就職支援もした。

グローバル30

真の国際人を育てる国際化拠点整備事業。30校を目指していたけど13校。九州では九州大学のみ。

留学生が受けるテスト

  1. JLPT:年2回実施、合否が決まる。
  2. EJU:日本留学試験、年2回(6月・12月)実施、他の教科もある。アイテムライター制度導入(テストの問題考える人募集)。
  3. BJT:ビジネス日本語テスト、いつでも受験可。

初級・中級・上級の違い

クラス別による授業のポイント。

初級クラス
  • 具体的な語彙
  • 日常的な内容
  • 文型志向
  • 正確さを重視
  • 到達度による評価
  • JGP(日常的な日本語)
中級クラス
  • 抽象的な語彙
  • 一般的な内容
  • 内容志向
  • 流暢さを重視
  • 熟達度による評価
  • JSP(専門的な日本語)
上級クラス
  • より専門的な内容
  • より抽象的
  • アカデミック
ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社