言語と心理

5.言語と心理|7.学習ストラテジー

ヒューマン

日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

空欄にマウスを置くかタップすると答えが表示されます。印刷時は答えを表示しています。

インターアクション仮説

294

インターアクション仮説ロングが提唱。
意味交渉によるインターアクション(やりとり)が重要。

意味交渉

お互いの意図が通じるよう工夫する対話。

  • 明確化要求:相手の発話が不明確で理解できない時に発言を明確にするように要求する。「どういうことですか?」「もう少し詳しく教えてください」。
  • 確認チェック:相手の発話を自分が正しく理解しているかどうか確認する。
    「じゃあ、昨日は遅くまで仕事だったんです」と似たようなことを言って自分の理解があっているか確認する。
  • 理解チェック:自分の発話を相手が正しく理解しているかどうか確認する。
    「私の話、わかりました?」
ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社