社会・文化・地域/言語と社会

3.社会・文化・地域/言語と社会|6.社会言語学① 言語変種

ヒューマン

日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

空欄にマウスを置くかタップすると答えが表示されます。印刷時は答えを表示しています。

継承語

302

親から子へ受け継ぐ言語。「母語・相続言語・民族語・コミュニティー語」。
少数派言語の「言語権」を守るため、母語学習の機会を保障する地域がある。

維持型バイリンガル教育:継承語バイリンガル教育。子どもの少数派言語能力を伸ばし、文化的アイデンティティの強化を目指し、国内の少数民族集団の権利を肯定する教育。
スティグマ:社会的に差別されることになる要因。少数派言語の話者はスティグマを持つとみなされる。
・母語が喪失されやすい順番「語彙→文法→音声」。

ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社