音声・音韻/文字・表記

6.音声・音韻/文字・表記|2.子音・音声記号(音素/拍と音節/母音の無声化/撥音の異音/口蓋化/帯気性/同化)

6.音声・音韻/文字・表記|2.子音・音声記号(音素/拍と音節/口蓋化)

ヒューマン

日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

空欄にマウスを置くかタップすると答えが表示されます。印刷時は答えを表示しています。

音声・音韻/文字・表記「音素」「拍と音節」「母音の無声化」「撥音の異音」「口蓋化」「帯気性」「同化」などについてのまとめです。

音素

420

音素:最小の音の単位。表記は//

  • 母音音素:/a/ /i/ /u/ /e/ /o/
  • 子音音素:/k/ /g/ /s/ /z/ 単独では拍にならずに、母音音素と一緒に拍となる
  • 特殊音素:撥音音素・促音音素・引く音

拍と音節

426

:特殊拍「ン・ッ・ー」も数える
音節:特殊拍「ン・ッ・ー」は数えない

拍数 ア・ク・シュ
(3拍)
シ・ン・ポ
(3拍)
シ・ッ・ペ
(3拍)
シ・ー・ツ
(3拍)
音節数 ア・ク・シュ
(3音節)
シン・ポ
(2音節)
シッ・ペ
(2音節)
シー・ツ
(2音節)

月火水

「げつ・か・すい」は5拍。
「げつかーすい」は6拍。

母音の無声化

423

高母音(狭母音)「イ[i]・ウ[ɯ]」が、無声子音(プ[p]・ク[k]・シ[ɕ]・ヒ[ç]・フ[ɸ])に挟まれている「ました」・無声子音が文末「おかし・です」、この時、声帯振動がなくなり規則的に無声化する。

また、方言差が大きい。「します」の場合、東京方言は低高低で「す」が無声化するが、関西方言は低低高で無声化しない。
アクセントの核は、はっきり発音する必要があるので無声化しにくい。

「ながさきけん」は「nagasakiken」の「ki」が無声化する。無声化するのは、1つの語に1つだけ。「北」も「/kita/」で「i」が無声子音「k・t」に挟まれてるので。「(キ)タ」になる。
無声化しても意味理解に影響を与えない。

中母音・低母音(広母音)での無声化

高母音(狭母音)だけでなく、中母音「エ[e]・オ[o]」・低母音(広母音)「ア[a]」でも環境によっては無声化が起こる。
語頭の「カ・コ・ハ・ホ」はアクセントがない場合、無声化しやすい。

例:「ばん」「子ども:ども」「話:なし」「北陸:くりく」「北西:くせい」。

語頭に長音「ー」や撥音「ン」が続く時は、母音が先行するので無声化しない。
例:「口実:こうじつ」「明快:めいかい」「観戦:かんせん」。

撥音の異音

421

口腔を閉鎖する「鼻音・破裂音・破擦音・弾(はじ)き音」の子音が後に続く時、撥音「ン」は次の子音と同じ調音点の鼻音になる。
また「サンタ・サンバ」の「ン」がしっかり鼻にかけた「ン」にならずに「サン」の「サ」の口の形のままになる。

口蓋化

411

段の子音に起こり、調音点(舌)が硬口蓋の方にずれること。「ティッシュ」の「ィ」で口蓋化している。

撥音の後の口蓋化

「干拓:かんたく」
「貫通:かんつう」
「関東:かんとう」
「官邸:かんてい」
「完治:かんち」→撥音「ン」の後がイ段音の時、口蓋化(舌が奥に動く)。他のは歯茎音のまま。

帯気性

口腔内の閉鎖の解放後に息が流れる音があるのは有気音、ないのは無気音。

  • 日本語・スペイン語:有声音と無声音(声帯振動の有無)で音を判断。
  • 中国語・韓国語(朝鮮語)・ベトナム語・タイ語:有気音と無気音で音を判断。

中国人の日本語学習者は「ありがとう」が「ありがどう」と聞こえる。中国語は清音と濁音の区別がない。気音があるかどうか。

同化

ある音が隣接する音の影響で共通の特徴を持つ音になる現象。

  • 順行同化:先行音が後続の音に影響を与える。
    英語の複数形=s[s/z]、過去形=ed[t/d]。
  • 逆行同化:後続音が先行音に影響を与える促音「ッ」・撥音「ン」のこと。
ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社