日本語教授法

2.日本語教授法|2.日本語教育プログラムの理解と実践1(プログラム・デザイン/コース・デザイン)

2.日本語教授法|2.日本語教育プログラムの理解と実践1(プログラム・デザイン/コース・デザイン)

ヒューマン

日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

空欄にマウスを置くかタップすると答えが表示されます。印刷時は答えを表示しています。

日本語教授法「プログラム・デザイン」「コース・デザイン」などについてのまとめです。

プログラム・デザイン

日本語教育プログラムは日本語教育コーディネーターが作る。
どうやって作るか?→PDCAサイクル

PDCAサイクル
  • P:Plan企画
  • D:Do実施
  • C:Check点検
  • A:Action改善

コース・デザイン

197

日本語教育を行うにあたって、どんな方法で教えるかなどの計画を立てることをコース・デザインという。

学習者の情報収集

199

コースで何を教えるかを決めることをシラバス・デザインという。シラバス・デザインには以下の調査が必要。

  • レディネス調査:最初に学習者に聞いておいた方がよいこと
  • ニーズ調査:日本語を勉強する目的
  • ビリーフ:教師と学習者の考え方、これが合わないと学習観が異なる
  • 目標言語調査:必要とされている日本語を調査(介護の現場で必要な言葉)
  • 目標言語使用調査:実際に使っている言葉を調査(介護の現場でどんな間違いをしてるか)

ビリーフ

・ある教師
授業はいつも楽しく、おもしろく!学習意欲にはこれが一番!
正確さより運用重視。重大な間違いでなければすぐには直さない。
授業は教師に集中!教科書は家での復習用。

・ある学習者
授業は教科書にそってほしい。
教科書の内容は全部説明してほしい。
間違ったところはすぐに直してほしい。

意見が合わない。学習観(言語学習はこうあるべき)が異なる。
これはビリーフの違い。

社会参加を促進する教室活動

224
  • ピア・ラーニング(協働学習):複数の人を協働して、一つのタスクを実現する(国の料理を発表)
  • 産出(話す)技能のための教室活動:スピーチ・プレゼンテーション
  • 産出(書く)技能のための教室活動:お互いの作文を読み合うピア・レスポンス
  • 受容(聞く)技能のための教室活動:向かい合って直接話を聞く
  • 統合的な教室活動:グループでテーマを決め情報収集や調査を行いまとめる
  • エンパワーメント:個人には一人一人大きな力がある、その力を信じて導き出そう、最終的には個人個人の力を使って社会参加してもらおう、という考え方

ピア・レスポンス

ピア=仲間
お互いに学び合うことが目的。
レベルの高い学習者がレベルの低い学習者を添削するのは一通行でお互いに学べない。

教育リソース

205

日本語学習のリソースは、以下の3つがある。

  • 物的リソース:「モノ」WEBサイト・動画・テレビ・書籍・展覧会。
  • 人的リソース:「ヒト」教師・友人・クラスメイト。
  • 社会的リソース:「場(ヒトとモノの集まり)」SNS・地域社会・コミュニティ。

情報リテラシー:ITをうまく利用できる能力。

時間の経過による教材の影響

  • 文法:時間の経過・時世の影響を受けにくい
  • 語彙:時間の経過・時世の影響を受けやすい
ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社