日本語教授法

2.日本語教授法|3.日本語教育プログラムの理解と実践2(シラバス・デザイン)

2.日本語教授法|3.日本語教育プログラムの理解と実践2(シラバス・デザイン)
日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

日本語教授法「シラバス・デザイン」などについてのまとめです。

シラバス・デザイン

コースで何を教えるかをシラバス(教授項目)という。

構成方法による分類 (6つ)

  1. 構造シラバス:文法や文型など
  2. 場面シラバス:場所や場面を中心に、そこで使われるコミュニケーション表現に着目「例:レストランで」
  3. 機能シラバス:言語の持つコミュニケーション上の働き「例:依頼する」ビジネスパーソン向き
  4. 話題シラバス:話題を取り上げる「例:野球について」
  5. 技能シラバス:「読む・聞く・書く・話す」の四技能別に下位技能を伸ばす「例:手紙の書き方」
  6. 課題シラバス:課題(タスク)をリストアップ「読む・聞く・書く・話す」の四技能別に下位技能を伸ばす「例:郵便局で切手を買ってくる」

項目の配列による分類 (2つ)

  1. シラバス・インベントリー:項目を網羅的リストアップしたもの
  2. コース・シラバス:項目を扱う順序で一覧表にしたもの

決定時期による分類 (3つ)

  1. 先行シラバス:コースの開始前に予めデザインされたシラバス
  2. 後行シラバス:コース開始前に学習者の要望に基づいて行い、コース終了時に完成する
  3. プロセス・シラバス:先行シラバスと後行シラバスの折衷案。コース開始時時にデザインされるが、コース中にも軌道修正される
ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社