日本語教授法

2.日本語教授法|5.目的・対象別日本語教育法(レベル/留学生)

2.日本語教授法|5.目的・対象別日本語教育法(レベル/留学生)

ヒューマン

日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

空欄にマウスを置くかタップすると答えが表示されます。印刷時は答えを表示しています。

日本語教授法「レベル」「留学生」などについてのまとめです。

レベル

  • 初級レベル:一般的な目的の日本語JGP「例:おはよう」
  • 中級レベル:特別な目的の日本語JSP「例:本日はお日柄もよく」
  • 上級レベル:専門的
学習時間 語彙 漢字
初級 約300時間 約1500〜2000語程度 500字程度
中級 約600時間 約5000〜7000語程度 1000〜1500字程度
上級 約900時間 約10000語程度 2000〜2500字程度

新出語を導入する際の留意点

  • 初級:
    汎用性がある高頻度の語を選んで導入する。
    短文リピートは短期記憶には残るが、理解しているかどうかの確認にはならない。
  • 中級:
    形や意味に類似性のあるものをセットにして導入する。
    階層的関係(動物と鳥)を示して指導することがある。
    類義語・対義語を示す。対義語は「高い」に対して「安い・低い」があり1対1ではないので注意が必要。

意図的学習と付随的学習

意図的学習:漫画で読んだ知った語・新聞を読んでいるときに見つけた未知語・アニメのセリフ。
付随的学習:漢字クラスで習った語を車内広告で見つけて理解できた。偶発的学習のこと。

留学生

日本留学試験(日留試・ELU)

日本留学試験2002年から年2回、国内海外で実施。
日本語・理科・社会・数学の4科目で日本語以外はマークシート。
令和元年12月:国内24万人・海外38万→海外の受験者の方が多い。
大規模試験でIRTを採用。

アカデミック・ジャパニーズ:大学での学習・研究活動に必要な日本語力。
日留試はアカデミック・ジャパニーズの力を問う試験で、問題解決能力は含まれない。

EJUとJLPTの違い

  • EJU:作文あり。
  • JLPT:作文なし。産出「話す・書く」入らない。→OPIという別の試験がある。

生活者としての外国人

「生活者としての外国人」に対する日本語教育の標準的なカリキュラム案

日本で生活する外国人に対して、生活をしていく上で必要不可欠な行為をまとめたもの。
文化庁が作っている。

モジュール型教材

各課が単独で完結している教材のこと。継続して教室へ通うことが難しい学習者向け。

例:目標「地震が起きた際に適切な行動がとれるようになる」

授業の流れ。

  • STEP1:地震の写真を見せる。自分の経験や感じたことを話し合う。とるべき行動をグループで考える。
  • STEP2:防災用品の実物に触れる。具体的な指示を与えて行動する。避難場所を調べる。防災用品リストを作る。
  • STEP3:地震発生後のニュースを聞く。
  • STEP4:振り返り。

スキャニングとスキミング

スキャニング:特定の必要な情報だけ抜き取る。トップダウン処理が必要。
スキミング:だいたいの内容(要点・大意)を抜き取る。

最近はの日本語教室では対話中心の活動が行われている。学習者と支援者が対等な関係で日本語のコミュニケーションをしながら日本語を身につける。

外国人児童生徒

JSLカリキュラム

306
368

日本語指導と教科指導とを総合的に捉え、学習活動に参加するための力の育成を目指す。
JSL対話型アセスメントDLA:文部科学省が外国人児童生徒の指導のために作成。

漢字の授業

指導上の留意点

・漢字の筆順:一般的な順序を示し(左→右・上→下)、ドリルで反復練習させる。
・漢字の導入順:単純な漢字だけでなく、生活で必要性が高いものを優先させる。
・漢字の字形:板書やカードを使う。
・漢字の読み:ひらがなと音声を使う。
・送り仮名のある漢字:送り仮名と一緒に書かせる。

非漢字系学習者

字形を意識させる。「名名名名名」の中に「各」を探す練習。

漢字の練習問題

・品詞の問題:「開始・初期・最初・原始」で品詞が違うのは「開始」→動詞になる。
・部首の問題:「広・庁・店・原」で違うグループは「」→部首が違う。
・対義表現の問題:「日常」と同じ関係にあるもの「無日常・不日常・未日常・非日常」→無不未非のどれか。
・読み方の問題:「安」と同じ関係にあるもの「暗・短・新・近」→「」。

ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社