日本語教授法

2.日本語教授法|7.外国語教授法2(コミュニケーションにつながる教授法/ヒューマニスティックな教授法)

2.日本語教授法|7.外国語教授法2(コミュニケーションにつながる教授法/ヒューマニスティックな教授法)

ヒューマン

日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

空欄にマウスを置くかタップすると答えが表示されます。印刷時は答えを表示しています。

日本語教授法「コミュニケーションにつながる教授法」「ヒューマニスティックな教授法」などについてのまとめです。

コミュニケーションにつながる教授法

192

1970年代〜:コミュニカティブ・アプローチ

コミュニカティブ・アプローチ(CA)

1972年、言語学者ウィルキンズが提出した概念・機能シラバス。FonM

  • 言語形式や構造より文脈における言語の機能や意味を重視する。
  • 母語話者並みの正確な発音よりやり取りの流暢さを重視する。

1970年代〜:ナチュラル・アプローチ

ナチュラル・アプローチ

テレルが提唱。クラッシェンの第二言語習得理論仮設(5つの仮説)を応用。
言語は自然に習得されるもので意識的学習との接点はない。
言語形式の学習のための構造シラバスは使用しない。
教材は教科書だけでなく実生活で使う身近な素材も取り入れる。
聴解重視でティーチャートークを使いこなす必要がある。

クラッシェンの5つの仮設
  • 習得・学習習仮設:習得と学習は別物。習得は自然に身につく、学習は意識的に学習。
  • 自然習得順序仮設:目標言語は一定の順序で習得される。肯定文と否定文は肯定文を先に習得する。
  • モニター仮設:学習した知識は発話の際にチェック・修正される。
  • インプット仮説:「i+1」。iは現時点での言語能力で「+1」はそのレベルから少し高いレベルのこと。未習でも推測できたりすること。
  • 情意フィルター仮設(じょうい):不安がない状態は言語習得を促進するが、不安があると習得を妨げる。不安要素を取り除く。

1990年代

タスク中心の教授法(TBLT)

ロングFonF
課題(タスク)を与える。「例:旅先で写真を撮る」→文型に気付く→CanDo(JF日本語教育スタンダード)につながる。
オーディオ・リンガル・メソッド(FonFs)とコミュニカティブ・アプローチ(FonM)を合わせて2で割ったもの。
例:グループで無人島生活の必需品リストを作成し、優先順位をつけさせる。
「窓を開けてください」などの指示を出して動作をさせるような単純な指示ではない。

ヒューマニスティックな教授法

194
  • サイレント・ウェイ:心理学者ガッテーニョ、教師が沈黙
  • コミュニティ・ランゲージ・ラーニング(CLL):心理学者カラン、教師は後ろでそっと教える
  • TPR(全身反応教授法):心理学者アッシャー、子ども向け「例:赤あげて、白あげて」
  • サジェストペディア:精神科医ロザノフの暗示学

指導法

219

書く技能の指導(産出)

224

初級レベル

では以下の2つが使われる。

  • 制限作文アプローチ:1950年代。特定の言語を使って作文を作る。作文の内容・書くことよりも言語知識を習得するため。
    口頭練習で形成された習慣を強化するオーディオ・リンガル・メソッド(1950年代)で使われた。
  • ガイテッド・ライティング:教師が与えた質問に対する答えを書き、それをつなぎ合わせて文章を仕上げる。

中上級レベル

中上級/文章表現の教室活動 参照。

  • レトリック・アプローチ:1960〜70年代。
    文章を読ませて構造を分析して、その談話パターンを基に作文を書かせる。
  • プロセス・アプローチ:1980年代。
    推敲(すいこう)を繰返し文章を完成させる。
  • ピア・レスポンス:1990年代後半。
    作文を交換し、学習者同士でフィードバックを行う協働的な活動。

引用の指導

「山口によれば、専門家になるためには大学時代が重要だと指摘している」
引用節:「専門家になるためには大学時代が重要だ」

「山口は、〜と指摘している」が正しい。

ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社