kintone

【kintone】レコードが新規登録・追加か更新かどうかの判定|JavaScriptサンプル

【kintone】レコードが新規登録・追加か更新かどうかの判定
kintoneの標準機能でできないところをJavaScriptやCSSを使って実現しています。

評価:5

今回はレコードが新規登録・追加なのか、更新なのかを判定する方法です。JavaScriptサンプルコードをご紹介します。

kintoneで登録か更新か判断できるのか

こんなことありませんか?

・レコードを登録した時に、他のアプリも同時に登録したい
・ある項目を変更した時に、他のアプリも同時に更新したい

モンキー
モンキー
kintoneでも登録か更新かの判断ができるよ!
ピンキー
ピンキー
リビジョン番号で判断できそうだね!
レコードが新規登録か更新かを判断

完成形

レコードが新規登録・追加か更新かどうかの判定

保存ボタンを押した後の保存成功後の処理で、レコードの新規登録・追加か更新かを判断して、アラートを表示しています。

登録か更新かは、レコードのリビジョン番号(revision)で判定

CodeCampGATE

CodeCampGATE

JavaScript サンプルコード

(function() {
"use strict";

/*
* 登録画面・編集画面・一覧画面/保存成功後
*/
function editSubmitSuccess(event) {

  // レコード取得
  var record = event.record;

  if (record['$revision']['value'] > 1) {
    // 更新の時($revision>1)
    alert('更新の時:$revision = ' + record['$revision']['value']);
  } else {
    // 登録の時($revision=1)
    alert('登録の時:$revision = ' + record['$revision']['value']);
  }

  return event;
}

/* ------------------------------------------------------------------ */

// 登録画面・編集画面・一覧画面/保存成功後
kintone.events.on(['app.record.create.submit.success',
                   'app.record.edit.submit.success',
                   'app.record.index.edit.submit.success'], editSubmitSuccess);

})();

kintoneでは、レコードの変更履歴をリビジョン番号(revision)で管理しています。保存成功後の処理で「$revision」の値を取得することにより、新規か更新かの判断ができます。新規の場合はリビジョン番号が「1」、更新の場合はリビジョン番号が「2以上」となります。

この記事は、2020.8.23時点の情報です。