kintone

【kintone】帳票をiReportで無料作成(macOS Big Sur)

【kintone】帳票をiReportで無料作成
kintone(キントーン)の標準機能でできないところをJavaScriptやCSSを使って実現しています。

業務システムには帳票はつきもの。帳票を出すためにプラグインなどで毎月費用をかけたくないのが正直なところです。私が担当しているシステムでは、すべて無料で帳票を出しています。会社の規模にもよりますが参考になれば。

ピンキー
ピンキー
kintoneで帳票を出すのは有料プラグインしかないのかなぁ
モンキー
モンキー
工夫次第では無料で出せるよ

kintoneアプリの作成

ReportsConnect for kintoneをダウンロード

帳票開発サービス「ReportsConnect for kintone」の無料版を使います。

ReportsConnect for kintone 無料版ダウンロードから「ReportsConnectKintone.zip」をダウンロードします。

1帳票につき3ページまで無料で出力できます。帳票数は無制限。請求書・見積書などの単票なら鏡があっても3ページに収まります。明細行がたくさんあるような帳票は、対象期間など条件を付けて3ページに収まるように設計すれば無料の範囲で利用可能です。

テンプレートからアプリ作成

kintoneのスペースで「アプリの追加>登録済みのテンプレートから作成」と進み、ダウンロードした「ReportsConnectKintone.zip」を選択します。

アプリ「ReportsConnect」が追加されました。

ReportsConnect for kintone

iReportで帳票開発(Mac版)

kintoneを使ってシステム開発を始めたのは2014年。これまで30種類以上の帳票を作ってきて、現在も稼働中です。

当時の帳票開発環境とパソコン(Mac)のOSバージョンが変わってしまって、いつまでiReportを使えるのか不安がありますが、現時点、macOS Big Sur (Ver11.2.1)でiReportの帳票開発はできています。
iReportのサポートは既に終了していますので、新規開発の場合は検討が必要です。

iReport 開発環境
  • macOS Big Sur (Ver11.2.1)
  • iReport Designer (Ver5.6.0)
  • JDK1.7(JRE7・Java7)

iReport Designerのインストール

iReport Designer のサイトから「iReport-5.6.0.dmg」をダウンロードしてインストール。

JDK1.7のインストール

iReportは、JRE8(Java8・JDK1.8)では動きません。JRE7(Java7・JDK1.7)のみ動作します。
Java7 のサイトから「jdk-7u80-macosx-x64.dmg」をダウンロードしてインストール。(ダウンロードするには、Oracleプロファイルのアカウントが必要)

JDK1.7とJDK1.8の共存確認

Big Surでは、JDK1.7とJDK1.8を共存させてiReportを使用するので、共存できているかどうかターミナルで確認します。

/usr/libexec/java_home -V
JDK1.7とJDK1.8の共存確認

「ireport.conf」の変更

「アプリケーション>Jaspersoft iReport>右クリック>パッケージの内容を表示>Contents/Resources/ireport/etc」に進み「ireport.conf」を変更します。
JDK1.7を使うってこと。

#jdkhome="/path/to/jdk"
jdkhome="/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_80.jdk/Contents/Home"

JDKのバージョンを切り替える

ターミナルでデフォルトのJavaのバージョンをJDK1.7に切り替えます。

export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v 1.7.0_80`

JDKのバージョン確認

ターミナルでJDK1.7に切り替わっていることを確認します。

java -version
JDKのバージョン確認

これで、iReportで帳票を作成する環境が整いました。

この記事は、2021.6.20時点の情報です。
ABOUT ME
モンキー
福岡県在住。社内SEとしてkintone(キントーン)でシステムを開発したりWordPressでサイトを制作したりしてます。もともとは20年ほどシステム会社で働いていて趣味でネットショップを構築・運営していました。 ある日突然英会話に興味を持ち国際交流が好きになりました。その影響で留学生に日本語を教えてみたいと思い、日本語教師の資格を取るために週末は日本語教師養成講座420時間コースに通っています!