WordPress

【WordPress】お名前.comとコアサーバーの組合せでSearch ConsoleのTXTレコードを登録する方法 

【WordPress】お名前.comとコアサーバーの組合せでSearch ConsoleのTXTレコードを登録する方法
WordPressのカスタマイズやプラグインに関する情報です。

サイトを制作して公開した後、Google Search Console(サーチコンソール)にサイトの登録を行います。
この時のTXTレコード登録で、ドメインとサーバーの組合せが「お名前.com×コアサーバー」の場合に少しつまずいたので設定方法をご紹介します。

ドメインとサーバーの組合せ

ドメイン:お名前.com
サーバー:コアサーバー(CORESERVER)

サーチコンソールに登録

サイトを公開したら、インデックス登録・サイトマップ送信・アクセス解析などのためサーチコンソール(Google Search Console)に登録します。

「+プロパティを追加」で公開したサイトのドメインを入力して「続行」ボタンを押します。

Google Search Console(サーチコンソール)

「コピー」ボタンを押して表示されたTXTレコードをコピーします。
「google-site-verification=xxxxxxxxxxxxx」がTXTレコードです。

Google Search Console(サーチコンソール) TXTレコード

お名前.comのDNS設定確認

ドメインはお名前.comで取得、使用するサーバーはコアサーバーです。コアサーバーはバリュードメイン(Value Domain)が提供していますので、バリュードメインのネームサーバーを設定します。この設定は既に終わっているので、お名前.comの管理画面から確認してみます。

お名前.comの管理画面

お名前.com Naviにログインして「ネームサーバーを設定する」へ進みます。

お名前.com ネームサーバーを設定する

対象のドメイン欄「その他」を押します。

お名前.com ネームサーバーを設定する

バリュードメインのネームサーバーが設定済みであることが確認できます。

お名前.com バリュードメインのネームサーバー
バリュードメインのネームサーバー

ネームサーバー1:ns1.value-domain.com
ネームサーバー2:ns2.value-domain.com
ネームサーバー3:ns3.value-domain.com
ネームサーバー4:ns4.value-domain.com
ネームサーバー5:ns5.value-domain.com

バリュードメインのDNS設定確認

他社で管理しているドメイン(今回はお名前.com)をバリュードメインで使う場合は「無料ネームサーバーの作成」を行います。
この手順は「他社で登録しているドメインのネームサーバーの設定(ネームサーバーで所有者を確認)」をご参照ください。

バリュードメインの管理画面

バリュードメイン(Value Domain)にログインして「無料ネームサーバー>ドメインのDNS設定」へ進みます。

バリュードメイン 無料ネームサーバー>ドメインのDNS設定

対象のドメイン欄「編集」を押します。

バリュードメイン 無料ネームサーバー>ドメインのDNS設定

TXTレコードの登録

一番下にSearch Console(サーチコンソール)でコピーしたTXTレコードを貼付けます。
「txt @ google-site-verification=xxxxxxxxxxxxx」のように。
先頭に「txt @ 」が必要です。

バリュードメイン DNSの設定 TXTレコード

最後に「保存ボタン」を押します。

サーチコンソールで確認

TXTレコードの登録が完了したので、Google Search Console(サーチコンソール)に戻り「確認」ボタンを押します。

Google Search Console(サーチコンソール) TXTレコード

成功したら「所有権を証明しました」の緑の画面になります。

Google Search Console(サーチコンソール) 所有権を証明しました

プロパティに移動して、サイトマップ送信など必要な設定を行います。

最初はお名前.comでTXTレコードを登録していた

実は最初、TXTレコードの登録をお名前.comの方で行っていました。
ドメインの管理がお名前.comだったので、DNSレコードの設定もお名前.comの管理画面からだと思い込んでいたんですね。

そして何度やっても「所有権を証明できませんでした」の赤い画面。

Google Search Console(サーチコンソール) 所有権を証明できませんでした

お名前.comでTXTレコードを登録したのが原因

お名前.comの管理画面にログインすると「ネームサーバーの設定>ドメインのDNS設定」というメニューがあります。
対象のドメインを選択すると「DNSレコード設定を利用する>設定」からTXTレコードの登録ができます。

お名前.comでTXTレコードを登録

この設定が何度やってもサーチコンソールで所有権の証明ができずに時間を取ってしまいました。

TXTレコードの登録まとめ

TXTレコードの登録は、バリュードメインで行うのが正解でした!

お名前.com×コアサーバー

ドメイン:お名前.com
サーバー:コアサーバー(CORESERVER)

この組み合わせの場合、
TXTレコードの設定は、バリュードメイン(ValueDomain)で行う!

この記事は、2021.9.15時点の情報です。
ABOUT ME
モンキー
福岡県在住。社内SEとしてkintone(キントーン)でシステムを開発したりWordPressでサイトを制作したりしてます。もともとは20年ほどシステム会社で働いていて趣味でネットショップを構築・運営していました。 ある日突然英会話に興味を持ち国際交流が好きになりました。その影響で留学生に日本語を教えてみたいと思い、日本語教師の資格を取るために週末は日本語教師養成講座420時間コースに通っています!