日本語教育実践

13.日本語教育実践3(技能別指導) ④中上級の授業|口頭表現

日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

空欄にマウスを置くかタップすると答えが表示されます。印刷時は答えを表示しています。

日本語教育実践(技能別指導)「中上級の口頭表現のポイント」「主な口頭表現活動」「口頭表現の流れ」「授業の注意点」などについてのまとめです。

中上級の口頭表現のポイント

  • 流暢さを養成するために使用するトピックや語彙表現・課題がやさしいもので、学習者が楽しめる活動内容にすること。
  • 初級は「正確さ」が重視されるが、中上級クラスでは流暢さが重視される。間違っていても途中で止めずに最後まで聞く。

主な口頭表現活動

対話

  1. ロールプレイ:それぞれに役割を与えて、その役になりきる。情報差(インフォメーションギャップ)がある。言葉選び(チョイス)が自由。

    タスク先行型のロールプレイ:ロールカード配布→すぐに会話。
    タスク後行型のロールプレイ:ロールカード配布→使って欲しい言葉を教える→ロールカードを見せ合って会話を組み立てる(負担軽減)。
  2. ディスカッション:ある事柄についてグループ内で自由に意見を言い合う。

    パネルディスカッション:公開して協力的な議論を行う(政治家・教育いろんな方面からくる)、平和的。
  3. ディベート:2つのグループ(賛成派・反対派)を作り、討論する。自分の意見を有利に運ぶ。

独話

  1. スピーチ:自分の考えや気持ちを他人の前で話す。原稿作成は一人でも可能。
  2. 発表:自分の考えを述べたり、成果物(作文・絵)を口頭で共有する。
  3. プレゼンテーション:あるトピックについて情報を提示する。
  4. ストーリーテリング:物語化して語る。食洗機を売る時に子供が多い家庭の話をする。初級の導入向け。
  5. ショーアンドテル:写真や絵を見せて語る。

口頭表現の流れ(ロールプレイの場合)

前作業

本作業で扱うトピックに関して、背景知識(スキーマ)の活性化。
キーワード確認。

本作業

パターン1

より上級クラス向き。

  1. ロールカードを配布:説明してやることを理解させる。
  2. 会話シートを配布:各グループで会話を作成。教師は机間巡視する。間違いがあれば修正。
  3. ロールプレイ:1組ずつ前に出てさせる。教師は必ずどんなところがよかったかフィードバックを行う。
  4. モデル会話を聴く:教師が読むのではなく読ませる。穴埋めにしてもいい。
  5. 語彙表現の確認:料理のトピックだと「混ぜる」「焼く」など。このタイミングではなくロールカード配布後にすることもある。

パターン2

文の作成が苦手な学習者向き。

  1. 語彙表現の確認。
  2. ロールカードを配布:説明してやることを理解させる。
  3. モデル会話で一度練習。
  4. 会話シートを配布:各グループで会話を作成。
  5. ロールプレイ:1組ずつ前に出てさせる。

後作業

本作業のトピックをや語彙表現を広げた活動。別のロールカードを渡して即興でさせてもいい。

授業の注意点

  • 場面設定は機能を明確にして、状況設定を明確に短くまとめる。
  • 発表時は、会話シートをなるべく読ませない。
  • 会話の途中で間違いを積極的に注意しない。暗示的フィードバック(リキャスト)を心がけてさりげなく訂正。
    ミステイク:修正がしやすい
    エラー:修正が難しい
ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社