日本語教育実践

13.日本語教育実践3(技能別指導) ⑤中上級の授業|文章表現

日本語教師養成講座の単元テスト用として自己学習のために作った穴埋めノートです。

空欄にマウスを置くかタップすると答えが表示されます。印刷時は答えを表示しています。

日本語教育実践(技能別指導)「中上級の文章表現のポイント」「主な口頭表現活動」「口頭表現の流れ」「授業の注意点」などについてのまとめです。

中上級の文章表現のポイント

初級は制限作文アプローチだが、中級は読み手を意識した創造的な活動を目指す。

文章表現の教室活動

  • プロセスアプローチ:何度も修正を重ねて推敲(すいこう)し、完成度の高い文章を仕上げる。
  • パラグライディング:文章構成や形式を伝え、それに沿って書かせる。日留試(EJU)対策。
  • アカデミックライティング:学術的な文章を書く、大学院生向け。

教室活動の流れ

  • 前作業:形式があればモデルを示す。背景知識(スキーマ)の活性化。アウトラインを書く。
  • 本作業:書く作業。
  • 後作業:発表・評価・ピアレスポンス(お互いに読み合う)
ヒューマンアカデミー(2017)『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社