kintone

【kintone】iReportで文字が表示されなかった原因(macOS Big Sur)

iReportで文字が表示されなかった原因(macOS Big Sur)
kintone(キントーン)の標準機能でできないところをJavaScriptやCSSを使って実現しています。

kintoneで作成した業務システムの帳票はiReportで開発しています。パソコンの買い替えでMacのOSバージョンが「macOS High Sierra」から「macOS Big Sur」になりました。

High Sierraで開発したiReportのjrxmlファイルをBig Surで開いた時、文字が何も表示されず罫線しか表示されなかったので、Big SurでのiReport開発は諦めていたところでした。

モンキー
モンキー
システム開発当初から使ってたiReport、できれば継続して使いたい!
ピンキー
ピンキー
Big SurでiReportは使えないのかなぁ

罫線しか表示されなかった理由

jrxmlファイルは開けたのですが、フィールドを選択した際、プロパティ部分にフォント名が表示されていませんでした。

通常ならこんな感じ。フォント欄に「MS Mincho」と表示されていますが、罫線しか表示されなかった帳票はこの部分が空白になっていました。

iReport jrxmlファイル

旧Macで作成時に指定したフォントが「MS明朝」「MSゴシック」。
新しいMacにもOfficeはインストールしてるし、Officeフォントが使えない訳ない!と思い込んでいましたが・・・

Officeフォントが他のアプリで使えない

Officeをインストールすれば、MS明朝・MSゴシックなどのOfficeフォントが他のアプリで使えるのは以前のOfficeのようで、Office2016あたりからは、フォントを別にインストールしないと使えないらしいです。

いろいろ調べてたら「Mac OS SierraのOffice 365でOfficeフォントがインストールされない」という内容の記事を見つけました。

確かに、EXCELやWordでは「MS明朝」「MSゴシック」が使えるのにFont Bookアプリに出てこなかったんです。

Officeフォントをインストール

EXCELでインストールされたフォントをFont Bookアプリからインストールします。

Officeフォントの格納場所はこちらでした。

/Applications/Microsoft Excel.app/Contents/Resources/DFonts

Font Bookアプリから「ファイル>フォントの追加」でインストールしたいフォントを選択します。
「MS明朝」「MSゴシック」をインストールしたかったので、以下の2つを選択。

  • MS明朝:msmincho.ttc
  • MSゴシック:msgothic.ttc

同時に「MS P明朝」「MS Pゴシック」もインストールされました。
インストール後のFont Bookアプリ。

Mac Officeフォント インストールされない

iReportで文字が表示されるようになった

Officeフォントをインストール後、iReportでjrxmlファイルを開いたら、旧Macで表示した時と同じように正常に文字が表示されるようになりました。

よって、Big Surで引き続き帳票開発を行っているところです。

この記事は、2021.7.25時点の情報です。
ABOUT ME
モンキー
福岡県在住。社内SEとしてkintone(キントーン)でシステムを開発したりWordPressでサイトを制作したりしてます。もともとは20年ほどシステム会社で働いていて趣味でネットショップを構築・運営していました。 ある日突然英会話に興味を持ち国際交流が好きになりました。その影響で留学生に日本語を教えてみたいと思い、日本語教師の資格を取るために週末は日本語教師養成講座420時間コースに通っています!